電動アシスト自転車メーカーのバッテリー比較

電動アシスト自転車を購入するにあたって、必ず悩む点が

どのメーカーにするのかです

 

今回は走行距離、寿命に直結する「バッテリー」を

Panasonic、YAMAHA、BRIDGESTONEの3メーカーに絞って比較します

 

 

バッテリー比較

Panasonic

バッテリー容量

Panasonicといえば大容量なのが特徴です

上記モデルは

2017年モデル ビビ・EX

ショッピングモデルの最大容量モデルです

 

バッテリー容量は、なんと20.0Ah

全メーカーの中で最大容量です

 

走行可能距離

走行可能距離はなんと110km

これだけあればバッテリーが足りなくなることは無いですね

 

バッテリー寿命

充電回数で言うと700~900回

メーカーサイトやネットでいろいろ言われていますが、

実際お客様からの声を聞くと平均で4年くらいが寿命かと思います

 

特徴

大容量

メーカー保証1年

 

 

YAMAHA

バッテリー容量

 

YAMAHAといえば寿命が長いのが特徴です

上記モデルは

2017年モデル PAS ナチュラ スーパー

スタンダードモデルの最大容量モデルです

バッテリー容量は、15.4Ah

YAMAHAの中で最大容量モデルです

 

走行可能距離

走行可能距離は100km

Panasonicには劣りますが、100kmでも十分すぎる容量です

 

バッテリー寿命

充電回数で言うと700~900回

メーカーサイトやネットでいろいろ言われていますが、

実際お客様からの声を聞くと平均で6年くらいが寿命かと思います

メーカーの寿命が一緒でも、使用していると差が出るようで、YAMAHAの方が寿命が長いようです

 

特徴

寿命が長い

冷寒耐性

メーカー保証2年

 

 

 

BRIDGESTONE

バッテリーはYAMAHAのOEMの為、YAMAHAと同様になります

ただ、BRIDGESTONEには回生充電モデルがあり、バッテリーの容量に比べ走行距離が長いです

BRIDGESTONEについては、また後日紹介します

 

 

 

まとめ

私は気温が0度を下回る地域ではYAMAHAをオススメします

バッテリーは気温が低いと60%程度の能力しか発揮できませんが、YAMAHAの方がPanasonicより気温による耐性があります

数値の記載がないので記載のしようがないのですが…

 

寒い地域では冷寒耐性のあるYAMAHA

主に関東、甲信越、東北、北海道です

 

暖かい地域では大容量のPanasonic

主に中部、近畿、中国、四国、九州、沖縄です

 

 

いかがですか?

地域ごとにバッテリーのおすすめが違います

 

電動アシスト自転車選びの参考になればと思います

 

 

それでは

よい自転車ライフを!

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG